★公認会計士専門学校で大原が選ばれる理由★

公認会計士試験は、税理士と違って科目合格も2年しか猶予期間がありません。合格率は10%程度と低く、受験者の学力も高いことから目指す際は資格勉強に専念する人が圧倒的に多いのが特徴です。朝から晩まで学校にこもって勉強する人も珍しくなく、多くは資格予備校や専門学校で勉強しています。なかでも合格率が高いのは全日制タイプの公認会計士専門学校です。資格予備校のように自分で時間割を組んで講座を受けていくのと異なり、公認会計士専門学校では、クラスごとに担任が付き、学習管理から生活面まで管理・サポートしていきます。朝から晩まで時間割がぎっしりと組まれており、出欠確認も徹底しているので、自己管理が甘い人でも計画通りに学習を行っていけます。全日制の公認会計士専門学校で人気が高いのが大原です。社会人と全日制の両方を設けていますが、全日制の合格率が高いのが特徴です。大原が選ばれるのは税理士をはじめ会計資格の合格実績が高いこと。公認会計士試験でライバルとなるTACには全日制がないことから集中して学びたい人は大原を選択しているようです。大原の集中資格取得コースは、短期間で公認会計士合格を目指すコースであるため、カリキュラムはある程度ハードな構成となっております。日曜日以外は全て授業が組まれており、1日2回の確認点ストで学んだことを徹底的に理解・定着させていきます。担任講師は模試や答練などの成績を確認し、定期的な面談で学習計画を立てていってくれるので、常に最適な学習のもと着実に実力を伸ばしていくことが可能です。自分で学習計画を立てる必要がないので、余計な時間が発生することもなく、やるべきことが明確なのでひたすら勉強に専念できます。また、専用の自習室およびロッカーが用意されているのが全日制の特徴です。社会人コースであれば自習室として開放されている空き教室の席取りが必須ですが、全日制はその必要がないので毎日好きなだけ勉強することができます。ロッカーも他教科なうえ学習範囲が広い公認会計士は、教材が膨大な量になりがちです。ロッカーがあればいつでも確認できるだけでなく、通学時の負担も軽減できるので便利です。大原の全日制は、通常のコースがより厳格化されているので短期合格も夢ではなくなります。1年で合格を目指している人はぜひ受講をおすすめします。

電卓

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト