★資格試験予備校で効率的に勉強をスタート!公認会計士試験を知って合格を手にしよう!★

公認会計士は、大企業や株式市場に上場している公開会社が提出している財務諸表について、正しい数字が記載されているかどうかを監査する仕事内容となっています。架空の売り上げがないか、費用を少なく記載していないかなど、粉飾決算が行われないよう監査を通じて株主などの投資家や資金を貸している銀行といった利害関係者を保護する役割を果たしています。公認会計士として働くためには、難関資格である公認会計士試験を突破しなければなりません。公認会計士試験は、短答試験と論文試験の2段階で行われており、その後、実務要件を満たした上で修了考査へと進みます。実務を行う監査法人で働くためには、最初の短答試験と論文試験を合格しなければなりません。短答試験は年に2回実施されており、合格率はおよそ10%前後の狭き門となっています。短答試験に合格することができた方が論文試験へ進むこととなります。論文試験の合格率は、受験者中3人に1人は合格することとなっています。まずは短答試験に合格することが何よりも重要です。公認会計士試験は、独学で勉強することもできますが、合格までに2年以上の勉強期間が必要な試験であるため、資格試験予備校で効率的に学習することをおすすめします。公認会計士攻略ガイドは、おすすめ資格試験予備校についての情報から勉強をスタートする前に知っておきたい基礎知識まで詳しくご紹介しています。公認会計士攻略ガイドを参考に、効率的に勉強を進めて試験合格を勝ち取りましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト